数年後の自分のためにこなせる事例尽力ではなく慣例化始める。

私の家系は乳が激しくありません。そんな中、自分は平均的な乳のがたいをキープしています。一つは、前もってふくよか持ち味だからといったういことがあります。それ以上に有効だったのが肌着のつけ方だ。肌着をあたいを買いに行く層になってから、お店でつけ方を教えてもらいました。最初はぎこちなかったかもしれませんが、慣れてくるとそのつけ方以外に出来なくなってしまっていました。癖は物凄いもので、生徒のうち、ジムのプログラムで皆は照れくさいからかササッと着替えてしまうが、自分はまだの着替えをしていたので絶えず着替えが遅かったのです。でも一際そのつけ方を通していた自分は10クラス以上たちこの方法が正しかったという確信します。それは、婚姻スパの時でした。行動のリハーサルのときに、乳の陰を褒められたのです。しかも、自分が愛用している肌着の銘柄まで置きられてしまいました。「乳の綺麗な手法は、その商標の下着の方が多いんです。つけ方も完璧ですし、肌着クリエイターで勤務していた実績はありますか」って聞かれました。良識になっている癖でこれ程褒められたのははじめてでした。ジムの着替えが遅くても、少々面倒いつけ方も、続けてきてよかったと思いました。乳は脂肪なので、アッという間に構図が壊れます。逆に今からでも綺麗な陰に整えることができます。大変であっても数年後の自分が笑顔でいられるような努力をしていきたいだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする