近年、レディースの間でジワジワと有名が出てるタイプ…

…それはプロレス!「プ女」なんてコメントも出てくるほど、巷ではプロレスに酔いしれる女性が急増中です。今回はそんなプロレスの誘惑を淑女目でご紹介したいと思います。本当に、プロレスというと大男らがボディーをぶつけ合ってどうもバイオレンスでこわい…といったイメージがあるのではないでしょうか。まぁ確かにそういうものではあるのですが、今のプロレスはひと味違う。おんなじ大男も今活躍されているレスラーはとてもオシャレ。そうして色男。先頭なるのが新国内プロレスヘビー級王座のオカダカズチカスポーツマン。191cm、107kgの寸法からはイメージもつかない俊敏なフットワーク、長い手足はスマートで緩いマスクの持ち主だ。勿論チャンピオンですので容積も折り紙付き。打点のおっきいドロップキックといったリーサルウェポンレインメーカーはスタジアムを盛り上げます。そうして彼、ひとまずヒールレスラーなのですが、そんなことは忘れて仕舞うほど闘いにはメンズ系で、人の良さが隠しきれていないフロアもまた魅力です。そうしていよいよ1顧客、現在はフリーで活躍してあり従来新国内プロレスとDDTに所属していた食事伏ツキ太スポーツマン。彼は赤子フェイスの細筋肉質といった感じで、見た目は眩しいだ。ただし彼のプロレスに関するリサーチ心は並々ならぬものがあって、道路プロレス達するものを決行してしまう変わり者レスラー。神社に商店街路、書店もプロレスします。そうして彼の一番の魅力は空中技能。どこでも飛びます!リーサルウェポンはフェニックス・スプラッシュ。彼を見ていると方にこんなフットワークが出来るのか?って思わされてしまいます。最後に現在のプロレス人気の功労者と言える棚橋弘至スポーツマン。ブロンドヘアーの巻き髪で決め科白は「かわいがりてまーす」。統治をすれば空気ギター。といった今までのプロレスの概念をぶち破った動きはプロレス暗黒期と呼ばれたご時世からプロレスをますますキャッチーに誰でも喜べるものにしてくれたレスラーだ。こんな彼のプロレスは淑女らの胸中もじっくり捉えたのだと思います。ちょっと紹介したいレスラーはたくさんいます。まず外見から入っても、レースを観て下さい。プロレスってこんなにも華やかだったの?ってビックリするはずです。これから技能の言い方も自然と覚えて仕舞うぐらいどハマりしてしまいますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする